←検索サイトから来られた方は,ホームへおいで下さい!

イヌガヤ科  
学名 : CEPHALOTAXACEAE
《吉備高原で自生を確認した樹種》 イヌガヤ

岡山県内ではイヌガヤとハイイヌガヤが自生している。ハイイヌガヤは、イヌガヤの
変種で、多雪地帯に適応した匍匐型の樹形になり、分布は県北中心。
参考:岡山県野生生物目録(2003)
参考文献
「山渓ハンディ図鑑5 樹に咲く花 合弁花・単子葉・裸子植物」(山と渓谷社)P652-654

■イヌガヤ属(Cephalotaxus)
●イヌガヤ(Cephalotaxus harringtonia K.Koch)
●ハイイヌガヤ(Cephalotaxus harringtonia K.Koch var. nana Rehder)
(注)作者は樹木の専門家ではありません。あくまで趣味のページですので,まちがった情報もあるかもしれません。まちがいを発見された場合ご一報いただければ幸いです

 


inserted by FC2 system