田んぼの生き物観察会

平成16年11月28日(日)
岡山県佐伯町「自然保護センター」



こんかいのフィールド。左は止水。底は泥でショウブなどがたくさん生えている。右はゆるやかな流水のある小川。さきほどの池に流れ込んでいる。やはり底は泥質。水は山からの水で比較的きれいと思われる。
 
 ◆今回捕れた生き物◆
 ●モノアラガイ (Radix japonica)
【モノアラガイ科】
ヨーロッパ原産の帰化生物のサカマキガイ(Physa acuba)と似ているが,巻き方が逆。貝の口が右を向くのがモノアラガイ。
また,モノアラガイやサカマキガイは肺呼吸をするが,タニシやカワニナはエラ呼吸をする。
 ●オオタニシ (Cipangopaludina japonica )
【タニシ科】
日本産最大の淡水巻貝。
よく似たマルタニシ(Cipangopaludina chinensis laeta)は,止水を好む。
 ●ヒメタニシ (Sinotaia quadrata histrica
【タニシ科】
マルタニシやオオタニシより水質汚濁に強いらしい。オオタニシよりもやや小ぶり。
 ●ヤリタナゴ
 ●フナ(ギンブナ?)
 ●モツゴ
 ●ドンコ
 ●ナガレホトケドジョウ  ●ウシガエル
 ●エゾトンボのなかま
  (タカネトンボ or トラフトンボが濃厚) 
わたしの「コヤマトンボですか?」という問いに対して,「ヤゴの世界」の管理人様より,下のような丁寧な御返事を頂きました。

「脚が長い
ことから、エゾトンボの仲間かと思います。コヤマトンボもエゾトンボの仲間ですが、こちらは川に棲むのと、もう少し体が幅広なのでちょっと違うかな

 複眼と複眼との間に黒い筋のようなものが見えるという特徴から、タカネトンボ、エゾトンボ、ハネビロエゾトンボ、トラフトンボのヤゴのような気がします。さらに「池に棲むという生息環境」から絞り込むとタカネトンボかトラフトンボのどちらかになるのかな。いずれにしてもこれらのヤゴは同定が相当難しく、正確には羽化させてみないと識別が困難なので、断言は控えさせていただきます」
 ●オニヤンマ  ●カワトンボ
「ヤゴの世界」管理人様よりカワトンボで良いでしょうと言うお返事を頂きました。
 ●イトトンボの仲間?
ヤゴのことなら…
 「ヤゴの世界」が大変お詳しいです。
 ●エグリトビケラ  ●ニッポンヨコエビ
 ●エビノコバン
 ●タイコウチ
●その他にも
・アメリカザリガニ
・カワニナ
・カワムツ
・スジエビ
・オオコオイムシ
・メダカ
・ニッポンバラタナゴ
・タイリクバラタナゴ
・ヨシノボリ
などが見られました。
(注)作者は専門家ではありません。あくまで趣味のページですので,まちがった情報もあるかもしれません。まちがいを発見された場合ご一報いただければ幸いです。


inserted by FC2 system