ユリ科ナギイカダ属ナギイカダ,学名:Ruscus aculeatus,かのんの樹木図鑑
 もどる ホーム ←検索サイトから来られた方は,ホームへおいで下さい!

 【ユリ科 ナギイカダ属】  Ruscus aculeatus
 ナギイカダ 
【 梛筏 】   別名 /−−
 ●常緑小低木
 ●高さ:20〜90cm
 ●花期:3〜5月  雌雄異株
(しゆういしゅ)
 ●果期:9〜11月
 ●分布:地中海沿岸原産
(江戸時代末期〜明治時代初期に渡来)
参考文献
1) 「山渓ハンディ図鑑5 樹に咲く花」(山と渓谷社)P493

H15.2.14 岡山県「21世紀の森」 H15.7.22 岡山県「21世紀の森」
葉のように見えるのは,枝から変化した葉状枝。厚みがあり硬い。先端は針状に尖り,触れると非常に痛い。 図鑑によると”10月頃に赤く熟す”とあるが,7月末にはかなり赤くなっていた。
果実の周辺には,ありが群がっていたが,なんのためであろうか?
2006.10.2 岡山県「21世紀の森」 2006.10.2 岡山県「21世紀の森」
ナギイカダは,雌雄別株(しゆうべっしゅ)。つまり,雄花をつける株と,雌花をつける株がある。写真は雌花。中央に太い淡紫色の柱頭がある。花被片(かひへん)は6個で,外側の3個は広く,内側の3個は細い。
この日は,雌花しか見かけなかった。本来の花期は3〜5月。
果実は,液果(えきか)
H15.8.29 岡山県「21世紀の森」
●見分けるポイント●
  1. 葉のように見えるのは,枝が変化した葉状枝(ようじょうし)といわれるもの。この上に,花や果実がつく。
    ※同じように見えるものにハナイカダ(ミズキ科)があるが,こちらは,れっきとした本物の葉の上に,花軸が合着(がっちゃく)している。
  2. 茎は緑色で,細かなみぞがある。
  3. 葉状枝(ようじょうし)の先端はするどいトゲになっていて,かなり痛い。
●豆知識●
  1. ナギイカダの名は,葉がナギ(マキ科)に似ていることによる。また,葉状枝(ようじょうし)の上に花がのっている様子をイカダ(筏)に見立てたことによる。
    しかし,ナギイカダ(ユリ科)とハナイカダ(ミズキ科)は,名前も見た目もよく似ているが,つくりは全く異なっている。

メール(注)作者は樹木の専門家ではありません。あくまで趣味のページですので,まちがった情報もあるかもしれません。まちがいを発見された場合ご一報いただければ幸いです

 もどる ホーム


かのんの樹木図鑑 渓舟の昆虫図鑑

Copyright(C) 2003.9- Kanon All Rights Reserved.

inserted by FC2 system