←検索サイトから来られた方は,ホームへおいで下さい!

 【スイカズラ科 ツクバネウツギ属】  Abelia × grandiflora
  ハナツクバネウツギ 
【 花衝羽根空木 】   別名 /ハナゾノツクバネウツギ,アベリア
 ●半常緑低木(はんじょうりょくていぼく)
 ●高さ:2m
 ●花期:6〜10月
 ●果期:結実しない
 ●分布:大正時代に渡来※2 関東以西の各地で植裁される
参考文献
「山渓ハンディ図鑑5 樹に咲く花」(山と渓谷社) P440 ※1
「葉で引く 四国の樹木観察図鑑」(高知新聞社) P164
オーイズミ「もち歩き図鑑 花木ウォッチング」P118 ※2

2008.10.18 岡山県吉備中央町(植栽)
淡い紅色の漏斗状の花をつける。花冠は上部で5裂し、内側には短毛がある。花冠の内側にはツクバネウツギのような網状紋はない。雄しべや雌しべはやや花冠から突き出す。
2008.10.18 岡山県吉備中央町(植栽)
2006.12.30 岡山県吉備中央町(植栽)
葉は対生。質は厚く、しなやかで、表面には強い光沢がある。縁には鈍い鋸歯がある。裏面には、独特の葉脈模様がある。
2006.12.30 岡山県吉備中央町(植栽) 2008.10.18 岡山県吉備中央町(植栽)
主脈は裏面に隆起し、基部付近の両側には白色の開出毛がある。 花が落ちた後も、萼(がく)が長く枝に残る。萼片(がくへん)は淡い紅色で2〜5裂する。
2002.12.22 福岡県「大濠公園」
花期後も残る萼片(がくへん)や、艶のある葉が美しく、刈り込みにも強いため生け垣に多用される。

● 備 考 ●
  1. 中国原産で多数の小さな花をつけるシナツクバネウツギ(支那衝羽根空木 A.chinensis)と,大形の花をつけるアベリア・ユニフローラ(A.uniflora)の交雑種。※1 多くの園芸種がある。アベリアは、ツクバネウツギ属の学名だが、アベリアと言えば、本種を指すのがふつうである。

(注)作者は樹木の専門家ではありません。あくまで趣味のページですので,まちがった情報もあるかもしれません。まちがいを発見された場合ご一報いただければ幸いです


inserted by FC2 system