←検索サイトから来られた方は,ホームへおいで下さい!かのんの樹木図鑑,ハクサンボク,学名:Viburnum japonicum

 スイカズラ科 ガマズミ属】  Viburnum japonicum
  ハクサンボク 
【 白山木 】   別名 / イセビ
 ●常緑低木〜小高木
 ●高さ:6m
 ●花期:3〜5月
 ●果期:10〜12月
 ●分布:本州(伊豆半島,伊豆諸島,山口県),九州,沖縄
参考文献:「山渓ハンディ図鑑3 樹に咲く花 離弁花@」(山と渓谷社) P454

H15.8.12 岡山県吉備高原都市 −植裁− H15.8.12 岡山県吉備高原都市 −植裁−
葉は対生(たいせい)。革質で光沢がある。
鋸歯
(きょし)は,上部に非常に浅いものがあるが,写真の葉にはほとんど見られない。
主脈
(しゅみゃく)が赤色を帯びている。
両面とも無毛で葉柄は赤味を帯びることが多い。
H15.8.12 岡山県吉備高原都市 −植裁−
2005.05.04 岡山県吉備中央町 2005.05.04 岡山県吉備中央町
新枝の先に散房花序(さんぼうかじょ)を出し,白い小さな花を多数つける。
2005.05.04 岡山県吉備中央町
花弁は5個,雄しべは5個,花柱は短い。
H15.8.12 岡山県吉備高原都市(植裁) 2008.10.19 岡山県吉備中央町(植栽)
若い果実(かじつ)。ガマズミを思わせる扁平な形をしている。試しに食べてみたところ,梅干しのような酸っぱい味がした。
H15.12.29 岡山県 吉備高原都市 −植裁− H15.12.29 岡山県 吉備高原都市 −植裁−
冬芽 冬芽
見どころ
常緑のガマズミといったイメージがある。果期は10〜12月であるが,2月になってもまだ枝に残っていた。
名の由来
岡山県情報
岡山県には自生しない。上の写真はすべて花壇に植えられたもの。
メール(注)作者は専門家ではありません。あくまで趣味のページですので,まちがった情報もあるかもしれません。まちがいを発見された場合ご一報いただければ幸いです

 


かのんの樹木図鑑 渓舟の昆虫図鑑

Copyright(C) 2003.9- Kanon All Rights Reserved.

inserted by FC2 system