←検索サイトから来られた方は,ホームへおいで下さい!

 スイカズラ科 タニウツギ属】  Weigela coraeensis
  ハコネウツギ 
【 箱根空木 】   別名 /−−
 ●落葉小高木
 ●高さ:5m
 ●花期:5〜6月
 ●果期:11月頃
 ●分布:北海道(南部),本州,四国,九州 (日本固有種)
参考文献:「山渓ハンディ図鑑5 樹に咲く花」(山と渓谷社) P388

2003.6.1 岡山県佐伯町「自然保護センター」 2003.6.1 岡山県佐伯町「自然保護センター」
2003.6.1 岡山県佐伯町「自然保護センター」 2003.6.2 岡山県御津郡加茂川町井原
花ははじめ白色で,しだいに紅色に変化する。
2003.6.1 岡山県佐伯町「自然保護センター」 2003.6.1 岡山県佐伯町「自然保護センター」
2004.1.4 岡山市「半田山植物園」 2004.1.4 岡山市「半田山植物園」
2004.1.4 岡山市「半田山植物園」 2004.1.4 岡山市「半田山植物園」

●見分けるポイント●

  1. →タニウツギ(Weigela hortensis
    →ニシキウツギ(Weigela decora
    →ヤブウツギ(Weigela floribunda
●備  考●
  1. 本来の自生地は,沿海地の海岸林だが,花が美しいことから庭木として人気がある。また,潮風にも強いので各地の沿海地にも植栽される。「岡山県野生生物目録2003岡山」には,記載はない。

(注)作者は樹木の専門家ではありません。あくまで趣味のページですので,まちがった情報もあるかもしれません。まちがいを発見された場合ご一報いただければ幸いです


inserted by FC2 system