←検索サイトから来られた方は,ホームへおいで下さい!

 【ソテツ科 ソテツ属】 学名 : Cycas revoluta
 ソ テ ツ
【 蘇鉄 】   別名 / −− 
 ●常緑低木
 ●高さ:2〜4m
 ●花期:夏(雌雄別株)
 ●種子:秋に熟す
 ●分布:九州(南部),沖縄の沿岸地
参考文献 山と渓谷社「山渓ハンディ図鑑5 樹に咲く花」P550 ※1

2007.1.6 岡山県笠岡市「カブトガニ博物館」
葉は幹の先から輪生状に着く。巨大な羽状複葉。本来は九州南部〜沖縄に自生するが、関東地方以西では、露地で越冬できるため、公園や店先、駐車場などで頻繁に見かける。
2007.1.6 岡山県「カブトガニ博物館」 2007.1.6 岡山県「カブトガニ博物館」
葉は羽状複葉で、線形の小葉がびっしりと並ぶ。葉は濃緑色で表面には光沢があり、先端は鋭く尖る。 葉の縁は裏面に反り返っている。裏面には毛が密生しており、白く見える。
2007.1.6 岡山県「カブトガニ博物館」 2007.1.6 岡山県「カブトガニ博物館」
古くなった雄花

●備  考●

(注)作者は専門家ではありません。あくまで趣味のページですので,まちがった情報もあるかもしれません。まちがいを発見された場合ご一報いただければ幸いです

 


inserted by FC2 system