←検索サイトから来られた方は,ホームへおいで下さい!

【オトギリソウ科 オトギリソウ属】  Hypericum patulum
  キンシバイ  
【 金糸梅 】   別名 /−−
 ●落葉低木(または,半常緑低木)
 ●高さ:1m
 ●花期:6〜7月
 ●果期:9〜10月
 ●分布:中国中南部原産
      
(日本には江戸時代に渡来。日本各地の暖地で植裁される。)
参考文献:「山渓ハンディ図鑑4 樹に咲く花 離弁花A」(山と渓谷社) P166 ※1
以前掲載の写真(自然保護センターで撮影)について,ヒペリカム・ヒドコート(または、ヒデコート)
ではないかとのご指摘を頂き,写真を差し替えました。(M様,ありがとうございました。)
 
2006.7.2 岡山県吉備中央町(植裁) 2006.7.2 岡山県吉備中央町(植裁)
枝先に,直径2〜4センチのカップ状の黄色い花をつける。花弁は5個。 雄しべは多数あり,約60個ずつ5つの束になっている。柱頭は5裂。
2006.7.2 岡山県吉備中央町(植裁) 2006.7.2 岡山県吉備中央町(植裁)
葉に葉柄(ようへい)はなく対生(たいせい) 下面には透明な腺点(せんてん)がある。

●見分けるポイント●

  1. →ヒペリカム・カリシナム(H.calycinum)
     
  2. →ヒペリカムヒデコート(H. patulum cv.Hidcote)

(注)作者は樹木の専門家ではありません。あくまで趣味のページですので,まちがった情報もあるかもしれません。まちがいを発見された場合ご一報いただければ幸いです

 


inserted by FC2 system