←検索サイトから来られた方は,ホームへおいで下さい!

  ノウゼンカズラ科
学名 : BIGNONIACEAE
《吉備高原で自生を確認した樹種》 キササゲ、(キリ)
※ノウゼンカズラは植栽されたものを観察
岡山県内ではキササゲ、(キリ)が自生している。参考:岡山県野生生物目録(2003)
(本WEBでは、山渓ハンディ図鑑に従ってキリをゴマノハグサ科に入れている。)
参考文献
「山渓ハンディ図鑑5 樹に咲く花 合弁花・単子葉・裸子植物」(山と渓谷社)P376※3

■ノウゼンカズラ属(Campsis)
●ノウゼンカズラ(Campsis grandiflora) ※植栽
■キササゲ属(Catalpa)
●キササゲ(Catalpa ovata G.Don)
■ビグノニア属(Bignonia)
●カレーバイン(Bignonia capreolata) ※アメリカ南部原産
(注)作者は樹木の専門家ではありません。あくまで趣味のページですので,まちがった情報もあるかもしれません。まちがいを発見された場合ご一報いただければ幸いです

 


inserted by FC2 system