【モクセイ科 トネリコ属】 学名 : Fraxinus griffithii
 シマトネリコ
【 −− 】   別名 / タイワンシオジ 
 ●常緑・半常緑高木
 ●高さ:10〜18m
 ●花期:5〜6月 (雌雄別株)
 ●果期:〜月
 ●分布:沖縄,中国,台湾,フィリピン,インド
参考文献 山と渓谷社「樹に咲く花」P248

2006.7.15 岡山市 (植裁)
枝先に円錐花序(えんすいかじょ)を出す。
2006.7.15 岡山市 (植裁) H14.12.24 高知県高知城跡
花弁は白く,4全裂。雄しべ2個,葯(やく)は細長く褐色。
H14.12.24 高知県高知城跡
樹皮(じゅひ)は灰褐色。こんな大木に成長するのはさすが南国土佐。

●備  考●
  1. 爽やかな雰囲気があり,庭木としての人気がアップしている。岡山県中部では,冬はさすがに元気がなくなるが,それでもなんとか越冬しているようだ。

(注)作者は専門家ではありません。あくまで趣味のページですので,まちがった情報もあるかもしれません。まちがいを発見された場合ご一報いただければ幸いです

 


inserted by FC2 system