【メギ科 ヒイラギナンテン属】   Mahonia  fortunei
  ホソバヒイラギナンテン
【 細葉柊南天 】   別名 / −−
 ●常緑低木
 ●高さ:1〜2m
 ●花期:9〜10月
 ●果期:2〜3月
 ●分布:中国原産(明治時代初期に渡来)

H15.9.16 岡山県吉備中央町 −神社− H15.9.16 岡山県吉備中央町 −神社−
H16.11.20 岡山県「池田動物園」 H16.11.20 岡山県「池田動物園」

●見分けるポイント●
  1. 奇数羽状複葉(うじょうふくよう)。葉は細く,針状の鋭い鋸歯(きょし)がある。
     
  2. ナリヒラヒイラギナンテン(Mahonia confusa) 流通名:マホニア
    ・ホソバヒイラギナンテンよりも小葉(しょうよう)の幅が狭く,よれたり曲がったりすることがある。樹高は1m程度でこんもりとした感じにまとまる。

(注)作者は樹木の専門家ではありません。あくまで趣味のページですので,まちがった情報もあるかもしれません。まちがいを発見された場合ご一報いただければ幸いです


inserted by FC2 system