マツ科モミ属モミ,学名:Abies firma,by.かのんの樹木図鑑
 もどる ホーム ←検索サイトから来られた方は,ホームへおいで下さい!かのんの樹木図鑑,モミ,学名:Abies firma

 【マツ科 モミ属】 学名: Abies firma Siebold et Zucc.
  モ ミ 
【 樅 】
 別名 / モミソ,トウモミ,モムノキ
 英名 / Japanese Fir , Momi Fir
●常緑高木
●高さ:25m
●花期:5月 (雌雄同株)
●球果:10月
●分布:本州,四国,九州(屋久島まで) 日本固有種
参考文献
1) 「山渓ハンディ図鑑5 樹に咲く花」(山と渓谷社)P578
2) 松井宏光,「葉で引く四国の樹木観察図鑑」(高知新聞社)P436
葉身1.5〜2.5p 幅2o (2007.2.4 岡山県吉備中央町「大平山」)
若い枝では,葉先が明確に2裂しており,さわると痛い。成木では先端は丸みを帯びるか,凹んでいる。裏面には2本の気孔帯(きこうたい)があるが,白さはあまり目立たない。
H16.3.5 岡山県吉備中央町豊岡上 H16.3.5 岡山県吉備中央町豊岡上
若い枝葉の様子。 葉の裏の様子。ウラジロモミのような白い気孔帯(きこうたい)は目立たない。
H16.3.5 岡山県吉備中央町豊岡上 H16.3.5 岡山県吉備中央町豊岡上
葉の先は鋭く2裂している。さわるととても痛い。ウラジロモミよりもはっきりと2裂している。 若い枝には,ウラジロモミのような溝はなく,かわりに毛が目立つ。
2007.2.2 岡山県吉備中央町 2007.2.2 岡山県吉備中央町
成木では,葉の先端はあまり尖らず,丸みを帯びるか,やや窪んでいる。裏面より。 葉芽。ウラジロモミの葉芽がヤニで覆われるのに対して,モミはほとんどヤニがなく茶褐色の芽鱗がよく見える。
2007.2.2 岡山県吉備中央町 2007.2.4 岡山県吉備中央町「大平山」
大木の樹皮。灰白色で,浅い割れ目が目立つ。 若い木の樹皮。
2010.1.27 岡山県高梁市「大平山」 2010.1.27 岡山県高梁市「大平山」
球果(きゅうか)は,長さ約10cmの円柱形,黄緑色で直立する。ばらけて落下する。(写真は,ばらけないで落下していた球果) モミの大木の根元にたくさん落ちていた種子。
2010.1.17 岡山県岡山市御津虎倉
モミを主木とする樹林。
見どころ
 ウラジロモミ(A.homolepis)との区別            
  1. ウラジロモミの若い枝は,無毛で深い溝が目立つが,モミは溝はなく,毛が目立つ。
  2. ウラジロモミの冬芽はヤニに包まれているが,モミではヤニがない。
  3. ウラジロモミの方が葉裏の白い気孔帯(きこうたい)が目立つ。
    →モミとウラジロモミの比較写真
  1. 吉備高原でよく見かける似た3種の比較(カヤ・イヌガヤ・モミ)
    →比較写真
名の由来
群落を形成し風にもみ合う様を表したという説や,球果がもろく散ることに由来するという説などがある。
岡山県情報
本来,内陸の谷間や湿潤な緩斜面に生育する。
岡山県内は全域に分布。北部から中部にもっとも多い。吉備高原においても,高木層を形成しているのをしばしば見かける。
メール(注)作者は専門家ではありません。あくまで趣味のページですので,まちがった情報もあるかもしれません。まちがいを発見された場合ご一報いただければ幸いです

 もどる ホーム


かのんの樹木図鑑 渓舟の昆虫図鑑

Copyright(C) 2003.9- Kanon All Rights Reserved.

inserted by FC2 system