←検索サイトから来られた方は,ホームへおいで下さい!

  マ ツ 科
学名 : PINACEAE
《吉備高原で確認したもの》
アカマツ…圧倒的に多い。吉備高原を代表する樹木。
クロマツ…逸出もしくは、アカマツとの雑種と思われる個体を見かける。
モ   ミ…大平山など自然度の高い森林に見られる。

※岡山県内には,クロマツ,アカマツ,ゴヨウマツ(危急種),モミ,ツガが自生。
参考:岡山県野生生物目録(2003)
参考文献
「山渓ハンディ図鑑5 樹に咲く花 合弁花・単子葉・裸子植物」(山と渓谷社)※1

■マツ属(Pinus)
●クロマツ(Pinus thunbergii Parl.)
●アカマツ(Pinus densiflora Siebold et Zucc.)
●ゴヨウマツ(Pinus parviflora Siebold et Zucc.)
 NO DATA
■カラマツ属
●カラマツ ※岡山県森林公園
■ヒマラヤスギ属
●ヒマラヤスギ(ヒマラヤシーダー) ※植栽
■モミ属
●ウラジロモミ ※植栽
●モミ(Abies firma Siebold et Zucc.)
■トウヒ属
●ドイツトウヒ ※植栽
■ツガ属
●ツガ(Tsuga sieboldii Carriere) ※植栽
●コメツガ
 NO DATA
■アブラスギ(ユサン)属(Keteleeria)
●ユサン(アブラスギ) ※半田山植物園
(注)作者は樹木の専門家ではありません。あくまで趣味のページですので,まちがった情報もあるかもしれません。まちがいを発見された場合ご一報いただければ幸いです

 


inserted by FC2 system