←検索サイトから来られた方は,ホームへおいで下さい!

 【マツ科 マツ属】 学名:Pinus parviflora Siebold et Zucc. 
  ゴヨウマツ
【 五葉松 】   別名 / ヒメコマツ、マルミゴヨウ 
 ●常緑高木
 ●高さ:20m(大きなものでは30mに達する)
 ●花期:5〜6月 雌雄同株
 ●球果:翌年の10月頃熟す
 ●分布:北海道(南部),本州,四国,九州
参考文献 山と渓谷社「山渓ハンディ図鑑4 樹に咲く花」P ※1

2007.1.27 福岡市動植物園
和風の庭木や盆栽として人気が高い。岡山版RDBでは、危急種に指定されているが、庭木として目にする機会は多い。
2007.1.27 福岡市動植物園
短枝(たんし)の先に針状の葉が束生(そくせい)する。ゴヨウマツは名の通り5葉性。つまり1つの短枝から5個の葉が束生する特徴をもつ。同じマツ属の仲間には、2葉性(アカマツ、クロマツなど)、3葉性(ダイオウショウなど)がある。
葉の横断面は3角形で、5個を合わせるとほぼ円形になる。側面には白緑色の気孔帯がある。

●備  考●
  1. 岡山版RDBでは、危急種に指定されている。

(注)作者は専門家ではありません。あくまで趣味のページですので,まちがった情報もあるかもしれません。まちがいを発見された場合ご一報いただければ幸いです

 


inserted by FC2 system