←検索サイトから来られた方は,ホームへおいで下さい!

 【マメ科 ハギ属】  Lespedeza cyrtobotrya Miq.
 マルバハギ  
【 丸葉萩 】   別名/ −−
 ●落葉低木
 ●高さ:1〜3m
 ●花期:8〜10月
 ●果期:10〜11月
 ●分布:本州,四国,九州
参考文献
「山渓ハンディ図鑑4 樹に咲く花 離弁花A」(山と渓谷社)P107
「葉でわかる樹木 625種の検索」(信濃毎日新聞社)馬場多久男著 P256

2007.10.24 岡山県吉備中央町
鮮やかな紫色の蝶形花を総状につける。
H15.6.28 岡山県吉備中央町 H15.6.28 岡山県吉備中央町
葉はハギ属に共通して,3出複葉。葉先がきわめて丸いのでその他のハギと区別できる。 表面は無毛だが,うら面には伏毛が密生する。
2006.8.21 岡山県「大平山」 2006.10.15 岡山県「自然保護センター」
ハギ属は,葉腋(ようえき)に総状花序(そうじょうかじょ)をつける。マルバハギの花序は短く,固まって付いているように見える。 豆果(とうか)。熟しても裂開しない。中には種子が1つある。

●見分けるポイント●

  1. 葉先が凹形。葉の表面は無毛,うら面は,伏毛(ふくもう)が密生している。

(注)作者は樹木の専門家ではありません。あくまで趣味のページですので,まちがった情報もあるかもしれません。まちがいを発見された場合ご一報いただければ幸いです

 


inserted by FC2 system