←検索サイトから来られた方は,ホームへおいで下さい!

 【カエデ科 カエデ属】 学名 : Acer mono
 イタヤカエデ
【板屋楓、板谷楓、板屋槭樹】 別名/エンコウカエデ、アサヒカエデ
 ●落葉高木
 ●高さ:25m
 ●花期:4〜5月
 ●果期:9〜10月
 ●分布:北海道,本州,四国,九州 (日本固有種)
参考文献
 山と渓谷社「山渓ハンディ図鑑4 樹に咲く花」
 高知新聞社「葉で引く 四国の樹木観察図鑑」P147 ※1

2006.11.3 岡山県立森林公園
葉は対生し、掌状に5〜7裂する。裂片の先端は尖り、鋸歯(きょし)はない。
H16.10.31 岡山県「大平山」 H16.10.31 岡山県「大平山」
大平山でも確認。
2009.5.31 岡山県鏡野町
未熟な翼果(よくか)。

●備  考●
  1. 渓流沿いなどやや湿ったところに多い。日本のカエデ類の中では、最も大木になり、木材としても利用価値が高い。(※1)

(注)作者は専門家ではありません。あくまで趣味のページですので,まちがった情報もあるかもしれません。まちがいを発見された場合ご一報いただければ幸いです

 


inserted by FC2 system