もどる ホーム ←検索サイトから来られた方は,ホームへおいで下さい!

 【カバノキ科 カバノキ属】 学名 : Betula platyphylla var. japonica
 シラカバ
【 白樺 】   別名 / シラカンバ 
 ●落葉高木(らくようこうぼく)
 ●高さ:10〜25m
 ●花期:4月 雌雄同株
(しゆうどうしゅ)
 ●果期:10〜11月
 ●分布:北海道,本州(福井・岐阜県以北)
参考文献
(1) 山と渓谷社「山渓ハンディ図鑑3 樹に咲く花」P128
H18.8.3 岡山県真庭市蒜山

●備  考●
  1. 白い樹皮が美しく,爽やかな高原のイメージがあるためか,本来の自生地ではない岡山県内でも各所で植栽される。上の写真の真庭市蒜山原のシラカバは,昭和40年代には植栽されていたようだ。

(注)作者は専門家ではありません。あくまで趣味のページですので,まちがった情報もあるかもしれません。まちがいを発見された場合ご一報いただければ幸いです

 もどる ホーム


Copyright(C) 2003.9- Kanon All Rights Reserved.

inserted by FC2 system