イラクサ科カラムシ属コアカソ,学名:Boehmeria spicata,かのんの樹木図鑑
 もどる ホーム ←検索サイトから来られた方は,ホームへおいで下さい!

  【イラクサ科 カラムシ属】  Boehmeria spicata (Thunb.) Thunb.
  コアカソ 
【 小赤麻 】   別名 / タニアサ
 ●落葉小低木(らくようしょうていぼく)
 ●高さ:1m
 ●花期:8〜10月 雌雄同株
(しゆうどうしゅ)
 ●果期:11〜12月
 ●分布:本州,四国,九州
 ●生育地:日当たりのよいしめった谷沿い。明るい杉林,岩場
参考文献
(1) 高橋秀男・勝山輝男監修『樹に咲く花』山と溪谷社〈山溪ハンディ図鑑3〉,2001年,P351

H15.7.22 岡山県加茂川町豊岡上 H15.7.22 岡山県加茂川町豊岡上
葉は,対生(たいせい)。先端は尾状に長くとがる。葉柄(ようへい)は長く,赤みを帯びる。 雌雄同株(しゆうどうしゅ)。雄花序も雌花序も穂状。枝の上部に雄花,下部のに雌花が咲く。
H17.1.1 岡山県御津町 H17.1.1 岡山県御津町
そう果は11〜12月に熟す。雪の中すだれのように垂れ下がっていた。 冬芽の様子。葉と同じく対生(たいせい)。
H17.1.1 岡山県御津町 H17.1.1 岡山県御津町
そう果 樹皮(じゅひ)の様子。完全に木質化している。縦に割れる筋がある。
草本のアカソ Boehmeria sylvestrii に似ているが,アカソは本種より葉が大きく,先端が明瞭に3裂する。
岡山県情報
岡山県全域に広く分布する。
メール(注)作者は専門家ではありません。あくまで趣味のページですので,まちがった情報もあるかもしれません。まちがいを発見された場合ご一報いただければ幸いです

もどる ホーム


Copyright(C) 2003.9- Kanon All Rights Reserved.

inserted by FC2 system