←検索サイトから来られた方は,ホームへおいで下さい!

 【フトモモ科 レプトスペルマム属】
 ※ネズモドキ属としているものもある
 Leptospermum scoparium
 ギョリュウバイ
  
【 御柳梅 】   別名/ レプトスペルマム,ティーツリー,ネズモドキ
 ●常緑低木
 ●高さ:3〜5m
 ●花期:5〜6月
 ●果期:月
 ●分布:ニュージーランド・タスマニア原産
参考文献:婦人生活ベストシリーズ「木の名前 
       −由来で分かる花木・庭木・街路樹445種− (岡部誠著・婦人生活社)

2008.4.13 岡山市御津(植栽)
大きな花床と,子房が目立つ。花糸(かし)や花柱は濃紅色。
H16.1.4 岡山県御津町虎倉 H16.1.4 岡山県御津町虎倉
寒さのためか,葉が赤みを帯びていた。 花期は,4月頃だそうだが,1月にはすでにつぼみがふくらみかけていた。
2009.6.7 岡山県吉備中央町(植栽) H16.1.4 岡山県御津町虎倉
H16.1.4 岡山県御津町虎倉 H16.3.31 岡山市(植木屋にて)
樹皮は縦に細く裂け,剥がれる。
H16.4.18 岡山県御津町 H16.4.18 岡山県御津町

●豆知識●
  1. 和名のギョリュウバイは,葉がギョリュウに,花がウメに似ていることによる。
    ★当初,私はギョリュウとギョリュウバイを混同していたが,これらは,まったくの別種である。
  2. 英名は Tea tree,お茶の代用にされた。
●ちょこっと学名●
  • Leptospermum = ギリシャ語のleptos(薄い)+ sperma(種子)に由来する。
  • scoparium = 「ほうき」を意味する。この木の樹形に由来する。
(注)作者は樹木の専門家ではありません。あくまで趣味のページですので,まちがった情報もあるかもしれません。まちがいを発見された場合ご一報いただければ幸いです

 


inserted by FC2 system