←検索サイトから来られた方は,ホームへおいで下さい!

 【フトモモ科 ブラシノキ属】  Callistemon  speciosus 
 マキバブラシノキ(ブラシノキ)  
【 −− 】   別名/ブラシノキ,カリステモン,キンポウジュ
 ●常緑低木
 ●高さ:1.5〜2m (ときに5mに達する)
 ●花期:3〜7月
 ●果期:
 ●分布:オーストラリア原産(明治時代中期に渡来)
参考文献:「山渓ハンディ図鑑4 樹に咲く花 離弁花A」(山と渓谷社) P622

2006.6.18 岡山市御津町(植裁)
本年枝の先に穂状花序をつける。赤い雄しべが目立つ。
H15.11.1 岡山県御津町 −庭木− H14.12.24 高知県高知城跡
これは今年の果実(かじつ)。木質化した刮ハ(さくか)をつける。 木質化した刮ハ(さくか)は,枝に何年ものこる。このように太い枝にも残っている。
はじめてこれをみたときには,イヌマキの木に虫の卵が付いているのだと思った。
H14.12.24 高知県高知城跡 H14.12.24 高知県高知城跡
葉は互生(ごせい)し,葉身は線形〜披針形。一見すると針葉樹に見える。

● 備 考 ●
  1. 庭木としてよく植栽されている。

(注)作者は樹木の専門家ではありません。あくまで趣味のページですので,まちがった情報もあるかもしれません。まちがいを発見された場合ご一報いただければ幸いです

 


inserted by FC2 system