←検索サイトから来られた方は,ホームへおいで下さい!

 【ハイノキ科 ハイノキ属】 学名 : Symplocos kuroki
 ク ロ キ
【 黒木 】   別名 / 
 ●常緑小高木
 ●高さ:10m
 ●花期:3〜4月
 ●果期:10〜12月
 ●分布:本州(中国地方),四国,九州(トカラ列島まで)
参考文献 山と渓谷社「山渓ハンディ図鑑5 樹に咲く花」pp.220-221 ※1

2007.1.27 福岡市動植物園
葉は互生(ごせい)基部はくさび形で、先端は鈍く尖る。革質で表面には光沢がある。縁は、全縁(ぜんえん)もしくは、先端に粗い鋸歯がある。両面とも無毛。
2007.1.27 福岡市動植物園
葉芽は先端につき細長い。花芽は葉腋(ようえき)につく。

●備  考●
  1. 海岸地帯の照葉樹林内に生育する。
  2. 岡山県版RDBで,準絶滅危惧種に指定。ごく限られた地域にのみ自生が確認されている。 

(注)作者は専門家ではありません。あくまで趣味のページですので,まちがった情報もあるかもしれません。まちがいを発見された場合ご一報いただければ幸いです

 


Copyright(C) 2003.9- Kanon All Rights Reserved.

inserted by FC2 system