.バラ科リンゴ属ズミ,学名:Malus toringo,かのんの樹木図鑑
 もどる ホーム ←検索サイトから来られた方は,ホームへおいで下さい!

 【バラ科 リンゴ属】 学名 : Malus toringo
 ズ  ミ
【 酸実,桷 】   別名 / コリンゴ,コナシ,ミツバカイドウ  
 ●落葉小高木
 ●高さ:10m
 ●花期:4〜6月
 ●果期:9〜10月
 ●分布:北海道,本州,四国,九州
参考文献
1) 高橋秀男・勝山輝男監修『樹に咲く花』山と溪谷社〈山溪ハンディ図鑑3〉,2001年
2) 岡山県版レッドデータブック2009
3) 岡山県編,岡山県野生生物目録2009,岡山県生活環境部自然環境課,2009年

▲葉は切れ込みがない場合は,カマツカに似た感じがある。長枝の葉は,しばしば2〜5中裂するのが特徴。
2014.5.25 島根県「三瓶山」
かつては,リンゴの台木として用いられた。(1)
名の由来
樹皮を煮出すと黄色の染料がとれることから「染み(そみ)」、あるいは、実が酸っぱいことから「酢実」などから転訛したとの説がある。
岡山県情報
岡山県では北部の湿地周辺や小河川の岸などの日当たりが良く、やや湿った場所に点々と生育する。(2)
岡山県版RDBカテゴリーで,絶滅危惧U類に指定されている。
メール(注)作者は専門家ではありません。あくまで趣味のページですので,まちがった情報もあるかもしれません。まちがいを発見された場合ご一報いただければ幸いです

 もどる ホーム


かのんの樹木図鑑 渓舟の昆虫図鑑

Copyright(C) 2003.9- Kanon All Rights Reserved.

inserted by FC2 system