←検索サイトから来られた方は,ホームへおいで下さい!

   【バラ科 キイチゴ属】  Rubus parvifolius
  ナワシロイチゴ  
【 苗代苺 】   別名 /サツキイチゴ
 ●落葉小低木
 ●高さ:つる状にのびて地をはう。
 ●花期:5〜6月
 ●果期:6月
 ●分布:日本全土
参考文献:「山渓ハンディ図鑑3 樹に咲く花 離弁花@」(山と渓谷社) P604

2009.6.14 岡山市犬島
犬島のやや内陸部で,ナワシロイチゴが豊作だった。果実は,核果(かくか)が多数集まった集合果(キイチゴ状果)。
H15.6.15 岡山県「自然保護センター」
奇数羽状複葉(うじょうふくよう)。小葉(しょうよう)は丸みを帯び,通常3枚つく。頂小葉は,微妙に3裂する。葉柄(ようへい)は,赤みを帯びることがある。
H15.6.2 岡山市「護国神社」 H15.6.2 岡山市「護国神社」
うら面には,白い綿毛が密生し,白く見える。 枝には,軟毛(なんもう)が密生しており,下向きに曲がったカギ状の刺がある。
H15.6.2 岡山市「護国神社」 H17.6.12 岡山市「津黒高原」
中央のものは,花弁が散ったもの,左のものは,開花前か…。 枝先に紅紫色の花を数個まとめてつける。花弁は閉じたまま開かない。

●見分けるポイント●

  1. →キビナワシロイチゴ
    ・キビナワシロイチゴと同様に,紅紫色の花をつける。
    ・キビナワシロイチゴは,小葉(しょうよう)の先端が尖るが,ナワシロイチゴは丸い。
●豆知識●
  1. 「ナワシロ○○」と名がつくものに「ナワシログミ」がある。いずれも,水田の苗代を作るころに実がなることに由来している。日本人の生活が稲作を中心に動いてきたことを物語っている。
(注)作者は樹木の専門家ではありません。あくまで趣味のページですので,まちがった情報もあるかもしれません。まちがいを発見された場合ご一報いただければ幸いです

 


inserted by FC2 system