バラ科キイチゴ属ミヤマフユイチゴ,学名:Rubus hakonensis,かのんの樹木図鑑
 もどる ホーム ←検索サイトから来られた方は,ホームへおいで下さい!

 【バラ科 キイチゴ属】  Rubus hakonensis
  ミヤマフユイチゴ  
【 深山冬苺 】   別名 /−−
 ●つる性常緑小低木
 ●高さ:−−
 ●花期:9〜10月
 ●果期:11〜1月
 ●分布:本州(関東地方以南,新潟県以西),四国,九州
参考文献
・高橋秀男・勝山輝男監修『樹に咲く花』山と溪谷社〈山溪ハンディ図鑑3〉,2001年,P608

2011.11.20 岡山県高梁市川上町
2011.6.11 岡山県新見市
H16.8.26 岡山県吉備中央町豊岡上 2011.6.11 岡山県新見市
葉は互生(ごせい),縁には細かな鋸歯(きょし)がある。同属のフユイチゴに比べて,葉の先端部が尖るのが特徴。 葉裏の様子。脈上にわずかに毛がある。
H16.12.04 岡山県吉備中央町小森 H16.8.26 岡山県吉備中央町豊岡上
縁には歯牙状の細かな鋸歯(きょし)がある。葉の表面にも短い毛が散生しているのが分かる。 花弁は萼(がく)より短い。同属のフユイチゴは,ほぼ同長。
2011.11.20 岡山県高梁市川上町
2006.11.25 岡山県「宇甘渓」 2006.11.25 岡山県「宇甘渓」
一見するとツボミのように見えるが,これは花期が終わり,萼がいったん閉じているところ。中では果実が成熟を始めている。 果実が熟すと,閉じていた萼が開き,みずみずしい果実を露出する。果実は甘酸っぱくて美味しい。この時期にあるキイチゴは珍しい。
2006.11.25 岡山県「宇甘渓」 2011.6.11 岡山県新見市
茎にも白い毛が密生している。 托葉(たくよう)は長さ5〜9o。深く切れ込み,落ちやすい。
フユイチゴとミヤマフユイチゴの比較
葉の先端 萼の外面 花弁と萼片の長さ
フユイチゴ 丸い 淡褐色の毛が密生 萼片=花弁
ミヤマフユイチゴ とがる ほとんど無毛 萼片>花弁
名の由来
深山に生育するフユイチゴの意味。フユイチゴは,冬季に果実が実ることによる。
岡山県情報
岡山県全域に広く分布する。

 もどる ホーム


かのんの樹木図鑑 渓舟の昆虫図鑑

Copyright(C) 2003.9- Kanon All Rights Reserved.

inserted by FC2 system