もどる ホーム

   【バラ科 キイチゴ属】  Rubus crataegifolius
  クマイチゴ
  
【 熊苺 】   別名 /エゾノクマイチゴ
 ●落葉低木
 ●高さ:1〜2m
 ●花期:5〜7月
 ●果期:7〜8月
 ●分布:北海道,本州,四国,九州
参考文献:「山渓ハンディ図鑑3 樹に咲く花 離弁花@」(山と渓谷社) P586
H15.6.15 岡山県佐伯町「自然保護センター」 H15.6.1 岡山県佐伯町「自然保護センター」
H16.6.5 岡山県吉備高原 H16.6.6 岡山県吉備高原
熟した果実。近所の幼稚園児が絶えずねらっているので,なかなか撮れなかったが,幸い今日は幼稚園がお休みだったのでたくさんあった。
H16.6.5 岡山県吉備高原 2006.5.15 岡山県「大平山」
充分成長した個体の葉は,大人の手のひらよりも大きいことがある。 白い花をつける。花弁と花弁の間が広く,萼片がよく見える。特に花弁の基部は細い。
スズメバチや,ハナバチ,ミツバチなどが盛んに訪れていた。

●見分けるポイント●

  1. 葉は単葉(たんよう)で,果実(かじつ)は赤く熟す。
  2. 他のキイチゴの類にくらべて全体的にごつい感じがする。刺もかなり痛い。

メール(注)作者は樹木の専門家ではありません。あくまで趣味のページですので,まちがった情報もあるかもしれません。まちがいを発見された場合ご一報いただければ幸いです

 もどる ホーム


Copyright(C) 2003.9- Kanon All Rights Reserved.

inserted by FC2 system