バラ科サクラ属キンキマメザクラ,学名:Prunus incisa var. kinkiensis,by.かのんの樹木図鑑
 もどる ホーム ←検索サイトから来られた方は,ホームへおいで下さい!

 【バラ科 サクラ属】 学名 :Prunus incisa var. kinkiensis
 キンキマメザクラ
【 近畿豆桜 】   別名 / ヤマヒガン
 ●落葉小高木
 ●高さ:5〜7m
 ●花期:4〜5月
 ●果期:6月
 ●分布:本州(富山・石川・福井・長野・岐阜,近畿・中国地方)
参考文献
(1) 高橋秀男ほか,「山渓ハンディ図鑑3 樹に咲く花」(山と渓谷社)P498
(2) 岡山県編,岡山県野生生物目録2009,岡山県生活環境部自然環境課,2009年

2013.4.1 岡山県真庭市落合垂水
花は葉の展開前かほぼ同時に開花する。花は白色または淡い紅色で直径1.5
〜2pと小さく,下向きに咲く。(1)
この地のキンキマメザクラは葉の展開前に開花し,花色はほぼ白色だった。花数が少なく,よく目を凝らさないと見逃してしまいそう。
2012.10.20 岡山県真庭市落合垂水
葉は長さ3〜6cmの倒卵形で先端は尾状に尖り,基部はくさび形。
葉縁には明瞭な重鋸歯がある。
葉柄は長さ6〜8oで上面に斜上する毛がある。
葉の基部には腺点がある。
両面に毛を散生して光沢がない。
2012.10.20 岡山県真庭市落合垂水 2012.10.20 岡山県真庭市落合垂水
若い枝。サクラ属にふつうにみられる横の模様が目立ち,光沢がある。
名の由来
近畿地方にみられる小型の桜という意味だろう。
岡山県情報
岡山県では県の中・北部に点在し,個体数が少ないことなどから岡山県版レッドデータブックで準絶滅危惧に指定されている。蛇紋岩地域,石灰岩地域に比較的多い。
メール(注)作者は専門家ではありません。あくまで趣味のページですので,まちがった情報もあるかもしれません。まちがいを発見された場合ご一報いただければ幸いです

 もどる ホーム


かのんの樹木図鑑 渓舟の昆虫図鑑

Copyright(C) 2003.9- Kanon All Rights Reserved.

inserted by FC2 system