オオジシバリ

キク科 ニガナ属
学名 : Ixeris debilis
(大地縛り) 別名/−−
花 期  4〜5月
分 布 日本全土
生育地 やや湿り気のある道ばた

H16.4.22 岡山県「御津スポーツパーク」 H16.4.22 岡山県「御津スポーツパーク」
タンポポに似ているが,舌状花(ぜつじょうか)の数は,タンポポの方がずっと多い。
細い茎が地面を這い,ところどころで根を伸ばして繁殖していく様が,ジシバリの由来であるが,それよりも花や葉が大きいことに由来する。
H16.4.22 岡山県「御津スポーツパーク」 H16.4.22 岡山県「御津スポーツパーク」
舌片の先端は,5つに分かれており,これは5枚の花弁が合着したことを示しており,タンポポ亜科に共通する特徴である。 葉はジシバリよりもずっと大きく,下部の葉には,羽状の切れ込みも見られる。


 御津スポーツパークの植え込みの中に,はびこっているのを見つけた。ジシバリかと思っていたが,葉の様子などから,オオジシバリと判断した。

2004年04月28日
(注)作者は樹木の専門家ではありません。あくまで趣味のページですので,まちがった情報もあるかもしれません。まちがいを発見された場合ご一報いただければ幸いです。

 


inserted by FC2 system