ヒメガマ

ガマ科 ガマ属
学名 : Typha australis 多年草
(姫蒲) 別名/(−−)
花 期  6〜8月
分 布 日本全土
生育地 池・沼・川の縁
参考文献 : 山と渓谷社「山に咲く花」


H16.9.5 岡山県「自然保護センター」
上部の雄花穂と下部の雌花穂との間に軸が露出しているのが特徴。高さは,1.5〜2m。


コガマ(Typha orientalis)
高さは1〜1.5m。下部の雌花穂の長さが6〜10pとガマよりもかなり小さい。
ガマ(T.latifolia)
高さ1.5〜2mと大形になる。花穂も雌花穂が10〜20pもある。
(注)作者は専門家ではありません。あくまで趣味のページですので,まちがった情報もあるかもしれません。まちがいを発見された場合ご一報いただければ幸いです。

 


inserted by FC2 system