ノギラン

ユリ科 ノギラン属         多年草 
学名 : Metanarthecium luteo-viride 
( 芒蘭 ) 別名/−−
花 期  6〜8月
分 布 北海道・本州・四国・九州
生育地 やや湿り気のある山地
参考図書 山と渓谷社「山に咲く花」P447


2006.7.21 岡山県「大平山」
根生葉(こんせいよう)は,ロゼットを形成する。花茎が高く伸び,穂状に花をつける。
2006.7.21 岡山県「大平山」
花被片(かひへん)が6個。雄しべ6個,葯(やく)がオレンジ色。
2006.7.21 岡山県「大平山」
ノギランの花は,いろいろなチョウで賑わっていた。左からベニシジミ,スジグロシロチョウ,キチョウ,また,アリ(右)やカメムシの幼虫などもいた。


 
(注)作者は専門家ではありません。あくまで趣味のページですので,まちがった情報もあるかもしれません。まちがいを発見された場合ご一報いただければ幸いです。

 


inserted by FC2 system