ユリ科チゴユリ属ホウチャクソウ,学名:Disporum sessile,かのんの樹木図鑑
 もどる ホーム ←検索サイトから来られた方は,ホームへおいで下さい!

ホウチャクソウ

ユリ科 チゴユリ属                          多年草
学名 : Disporum sessile D.Don ex J.A. et J.H.Schult.
( 宝鐸草 ) 別名/ −−
花 期 4〜5月
分 布 日本全土
生育地 丘陵の林内
参考図書
・林弥栄監修,野に咲く花,山と溪谷社〈山溪ハンディ図鑑1〉,1989年,P438
・畔上能力監修,山に咲く花,山と溪谷社〈山溪ハンディ図鑑2〉,1996年,P439
・佐竹義輔ほか編,「フィールド版日本の野生植物草本」,平凡社,1985年

▲茎が上部で分枝するのが,同属のチゴユリとの違い。(チゴユリもまれに分枝する)
▲花被片が合着しない点が,アマドコロ属のアマドコロやナナルコユリと異なる。また,同属のチゴユリは,花被片がある程度開く。
▲茎は硬くしっかりとしており,稜がある。無毛。
2013.5.19 岡山県加賀郡吉備中央町下加茂
2011.10.2 岡山県勝山町城山
アマドコロ属と近縁であるが,アマドコロ属の花被片は先端部を残して,筒状に合着する。それに対してチゴユリ属は,花被片が合着しない点で区別されるようだ。本種と同属にはチゴユリがある。
※上の株については花も果実もなく,私にはアマドコロ属なのかチゴユリ属なのかすら判らないが,同行の学芸員の方がホウチャクソウと明言されていたので,そのようにしている。
名の由来
花を寺院や五重塔の軒先に下げられた宝鐸に見立てた。
岡山県情報
岡山県全域に分布する。中部から北部で普通。
メール(注)作者は専門家ではありません。あくまで趣味のページですので,まちがった情報もあるかもしれません。まちがいを発見された場合ご一報いただければ幸いです。

 もどる ホーム


Copyright(C) 2003.9- Kanon All Rights Reserved.

inserted by FC2 system