コスミレ
図鑑と照らし合わせながら「コスミレ」と判断
したのですが,お気づきの点があればお知らせ下さい。

スミレ科 スミレ属            多年草 
学名 : Viola japonica
( 小菫 ) 別名/ −−
花 期  3月下旬〜5月
分 布 北海道・本州・四国・九州
生育地 低地の人里周辺
参考図書 
山と渓谷社「野に咲く花」
山と渓谷社「増補改訂日本のスミレ」P143


2006.4.13 岡山県吉備中央町上野
道路脇の崖に群生していた。
2006.4.13 岡山県吉備中央町上野
中央部のアップ。
柱頭上部はカマキリの頭状。側弁基部は無毛。
しかし,山渓の図鑑※では,「西日本では有毛」とある。
2006.4.13 岡山県吉備中央町上野 2006.4.13 岡山県吉備中央町上野
距(きょ)に微細な毛がある。
2006.4.13 岡山県吉備中央町上野
葉は心形から披針形。右は表面のアップ。微細な毛が密生している。
2006.4.13 岡山県吉備中央町上野
ひとつの株から咲く花の数が多いのがコスミレの特徴のひとつ。


葉の特徴,柱頭の形状などから,「コスミレ」と判断したが,ひっかかる所も多い。
まず,側弁基部は無毛だが,山渓の図鑑では「西日本では無毛」とある。花の色は図鑑では赤味が強い紫だが,上の個体はどちらかと言えば青みが強い紫。
もう少し詳しく観察が必要。


(注)作者は専門家ではありません。あくまで趣味のページですので,まちがった情報もあるかもしれません。まちがいを発見された場合ご一報いただければ幸いです。

 


inserted by FC2 system