スミレ科スミレ属ヒメアギスミレ,学名:Viola verecunda var. subaequiloba,かのんの樹木図鑑
 もどる ホーム ←検索サイトから来られた方は,ホームへおいで下さい!

ヒメアギスミレ

スミレ科 スミレ属                         多年草
学名 : Viola verecunda A.Gray var. subaequiloba
                     (Franch. et Sav.) F. Maek.
( 姫顎菫 ) 別名/ −−  
花 期 4月中旬〜5月下旬
分 布 本州(愛知県以西〜鹿児島県)
生育地 湿原や湿地
参考図書
(1) 畔上能力監修,山に咲く花,山と溪谷社〈山溪ハンディ図鑑2〉,1996年,P229
(2) 岡山県編,岡山県野生生物目録2009,岡山県生活環境部自然環境課,2009年

2013.6.2 岡山県加賀郡吉備中央町「鳴滝森林公園」
渓流沿いの湿地に群生していた。葉の形は多様で,私にはヒメアギスミレかアギスミレか区別できなかったが,岡山県野生生物目録には,ヒメアギスミレの記載しか見られないことから,ヒメアギスミレと判断した。
2013.5.30 岡山県高梁市「高梁美しい森」
名の由来
アギスミレよりも小型であることから。
同じく「アギ」と名がつく植物にオモダカ科の多年草アギナシ(Sagittaria aginashi)がある。

「アギ」は「あご(顎)」の古名で,葉の基部が左右に張り出している様子を顎に見立てたのであろう。
岡山県情報
岡山県全域の渓谷,山草地,河原,湿地に分布する。
メール(注)作者は専門家ではありません。あくまで趣味のページですので,まちがった情報もあるかもしれません。まちがいを発見された場合ご一報いただければ幸いです

 もどる ホーム


かのんの樹木図鑑 渓舟の昆虫図鑑

Copyright(C) 2003.9- Kanon All Rights Reserved.

inserted by FC2 system