セントウソウ

セリ科 セントウソウ属        多年草 
学名 : Chamaele decumbens
( 仙洞草 ) 別名/ オウレンダマシ
花 期  3〜5月
分 布 北海道・本州・四国・九州
生育地 山野の林内や林縁
参考図書 山と渓谷社「野に咲く花」P210


2006.4.24 岡山県吉備中央町豊岡
複散形花序(さんけいかじょ)。小さな5弁花をつける。
2006.4.24 岡山県吉備中央町豊岡
赤紫色を帯びた長い柄の先が4つに分かれているが,それぞれに長さが異なっているのがおもしろい。
2006.4.24 岡山県吉備中央町豊岡
葉は1〜3回3出羽状複葉(うじょうふくよう)。無毛。


 やや湿り気のある林縁部にて。見過ごしてしまいそうな小さな目立たない花をつけていた。
(注)作者は専門家ではありません。あくまで趣味のページですので,まちがった情報もあるかもしれません。まちがいを発見された場合ご一報いただければ幸いです。

 


inserted by FC2 system