セリ科カノツメソウ属ヒカゲミツバ,学名:Spuriopimpinella nikoensis,かのんの樹木図鑑
 もどる ホーム ←検索サイトから来られた方は,ホームへおいで下さい!

ヒカゲミツバ

セリ科 カノツメソウ属                     多年草
学名 : Spuriopimpinella nikoensis
( 日陰三つ葉 ) 別名/ -- 
花 期 8〜9月
分 布 本州(関東地方以西),四国,九州
生育地 深山の日陰
参考図書
・佐竹義輔ほか編,「フィールド版日本の野生植物草本」,平凡社,1985年
・岡山県編,岡山県野生生物目録2009,岡山県生活環境部自然環境課,2009年

2023.10.10 岡山県立森林公園
高さは30〜80p。
2023.10.10 岡山県立森林公園
果実は球形。2分果からなる。
2023.10.10 岡山県立森林公園
葉は2回三出複葉(さんしゅつふくよう)。左の写真は側小葉がきちんと切れ込んでいないようだが…。右の写真は茎葉。
総苞片 果実
カノツメソウ あり 卵状長楕円形
ヒカゲミツバ なし 球形
名の由来
日陰に生育するミツバの意味。
岡山県情報
岡山県内では吉備高原以北に分布。中国山地では普通。
メール(注)作者は専門家ではありません。あくまで趣味のページですので,まちがった情報もあるかもしれません。
まちがいを発見された場合ご一報いただければ幸いです。

 もどる ホーム


Copyright(C) 2003.9- Kanon All Rights Reserved.

inserted by FC2 system