クサレダマ

サクラソウ科 オカトラノオ属 
学名 : Lysimachia vulgaris var.davurica
( 草連玉 ) 別名/ イオウソウ
花 期  7〜8月
分 布 北海道・本州・九州
生育地 やや湿り気のあるところ
参考文献 山と渓谷社「山に咲く花」
参考文献 山と渓谷社「野に咲く花」


H17.6.26 岡山県「自然保護センター」
茎の上部に,黄色い花を円錐状につける。花の色からイオウソウ(硫黄草)という別名もある。
クサレダマの名は,マメ科の低木レダマと花が似ている草本ということに由来しているらしい。
H17.6.26 岡山県「自然保護センター」
花冠(かかん)は深く5裂し,雄しべは5個ある。
H17.6.26 岡山県「自然保護センター」 H17.6.26 岡山県「自然保護センター」
葉は対生(たいせい),または,3輪生,4輪生する。
2005.10.2 岡山県「自然保護センター」
 


(注)作者は専門家ではありません。あくまで趣味のページですので,まちがった情報もあるかもしれません。まちがいを発見された場合ご一報いただければ幸いです。

 


inserted by FC2 system