←検索サイトから来られた方は,ホームへおいで下さい!

エ ビ ネ

ラン科 エビネ属                     多年草
学名 : Calanthe discolor
( 海老根、蝦根  ) 別名/-- 
花 期 4〜5月
分 布 北海道(西南部),本州,四国,沖縄
生育地 落葉樹林,スギ人工林内
参考図書 山と渓谷社「山渓ハンディ図鑑2 山に咲く花」P382

2009.5.5 半田山植物園 2007.5.4 半田山植物園
葉は2〜3枚を根生し,無毛。花は高さ30〜50pの花茎(かけい)に総状に付く。
2009.5.5 半田山植物園
ラン科の植物の花の構造に疎かったので,エビネで基本的な構造をまとめてみた。

ユリ科と同じように,外花被片(がいかひへん)3個,内花被片(ないかひへん)3個がある。内花被片のうち下部にあるものが,発達しており唇弁(しんべん)といわれ,エビネの場合は,淡い紫色を帯びた白色で,3裂している。残り2個の花弁は,側花弁といわれ,エビネの場合は,紫褐色で,外花被片(上萼片,側萼片)とほぼ同じ形状をしているようだ。


●備 考●
  1. かつては,普通に見られたエビネは,環境省のレッドデータブックで準絶滅危惧(NT)に指定されている。主な減少の原因は,乱獲と考えられている。 
     
(注)作者は専門家ではありません。あくまで趣味のページですので,まちがった情報もあるかもしれません。まちがいを発見された場合ご一報いただければ幸いです。

 


inserted by FC2 system