オトギリソウ

オトギリソウ科 オトギリソウ属         多年草 
学名 : Hypericum erectum
( 弟切草 ) 別名/−−
花 期  7〜9月
分 布 日本全土
生育地 日当たりの良い山野            
参考文献 山と渓谷社「野に咲く花」P246


岡山県「自然保護センター」
花弁と萼片(がくへん)に黒点が見られる。花は朝開花して,夕方にはしぼむ。
岡山県「自然保護センター」
葉は対生(たいせい)。黒点(こくてん)といわれる点が多く見られる。
オトギリソウは,漢字では「弟切草」と書く。これは,「オトギリソウが鷹(たか)の秘薬であることをもらした弟を兄が斬った。その血がオトギリソウの黒点になった。」…という伝説に由来している。
→コケオトギリ(Hypericum laxum)オトギリソウ属
→オトギリソウ(Hypericum erectum)オトギリソウ属
→ヒメオトギリ(Sarothra japonica)ヒメオトギリ属
→ミズオトギリ(Triadenum japonicum) ミズオトギリ属
(注)作者は専門家ではありません。あくまで趣味のページですので,まちがった情報もあるかもしれません。まちがいを発見された場合ご一報いただければ幸いです。

 


inserted by FC2 system