ハコベ属のなかま?

ハコベ科    属                   
学名 : 
() 別名/−−
花 期 
分 布
生育地
参考図書 山と渓谷社「野に咲く花」


2005.4.25 岡山県「宇甘渓」
花の直径は約2pもあり,他のハコベの仲間と比べるとずいぶん大きく感じた。
花弁は5個で,中裂(ちゅうれつ)している。雄しべは10個,柱頭は3裂している。萼片(がくへん)は花弁に比べて明らかに短い。
2005.4.25 岡山県「宇甘渓」 2005.4.25 岡山県「宇甘渓」
葉は対生し,明確な柄がある。基部はやや心形。 茎には,すじ状にやわらかい毛が並んでいるのが分かる。この写真からでは,1列か2列かは分かりにくい。葉の基部付近にも毛があるのが分かる。
サワハコベ,ミヤマハコベと全体的な雰囲気は似ていると思うが,合致しない点が多々あり不明。 


(注)作者は専門家ではありません。あくまで趣味のページですので,まちがった情報もあるかもしれません。まちがいを発見された場合ご一報いただければ幸いです。

 


inserted by FC2 system