ナデシコ科センノウ属フシグロセンノウ,学名:Silene miqueliana,かのんの樹木図鑑
 もどる ホーム ←検索サイトから来られた方は,ホームへおいで下さい!

フシグロセンノウ

ナデシコ科 センノウ属                     多年草
学名 : Silene miqueliana
( 節黒仙翁 ) 別名/ --  
花 期 7〜10月
分 布 本州,四国,九州
生育地 山地
参考図書
(1) 畔上能力監修,山に咲く花,山と溪谷社〈山溪ハンディ図鑑2〉,1996年,P348
(2) 岡山県編,岡山県野生生物目録2009,岡山県生活環境部自然環境課,2009年

▲茎頂に直径約5pの朱色の花を平開する。花弁は5個あり,先端はカワラナデシコやオグラセンノウのように切れ込まない。
▲葉は対生(たいせい)
▲茎の節は暗紫色を帯び,これが和名の基になっている。
2015.8.2 岡山県真庭郡「金ヶ谷山」
名の由来
茎の節は暗紫色を帯び,これが和名の基になっている。
岡山県情報
岡山県では北部を中心に分布する。
メール(注)作者は専門家ではありません。あくまで趣味のページですので,まちがった情報もあるかもしれません。まちがいを発見された場合ご一報いただければ幸いです

 もどる ホーム


かのんの樹木図鑑 渓舟の昆虫図鑑

Copyright(C) 2003.9- Kanon All Rights Reserved.

inserted by FC2 system