キンポウゲ科シロガネソウ属サンインシロガネソウ,学名:Isopyrum ohwianum,かのんの樹木図鑑
 もどる ホーム ←検索サイトから来られた方は,ホームへおいで下さい!

サンインシロガネソウ

キンポウゲ科 シロガネソウ属                   多年草 
学名 : Isopyrum ohwianum
(山陰白銀草) 別名/ ソコベニシロガネソウ
花 期  3〜4月
分 布 本州(島根県から福井県の日本海側)
生育地 渓谷
参考図書
(1) 畔上能力監修,山に咲く花,山と溪谷社〈山溪ハンディ図鑑2〉,1996年,P322
(2) 岡山県編,岡山県野生生物目録2009,岡山県生活環境部自然環境課,2009年


2007.4.28 岡山県立森林公園
茎の上部から花茎を伸ばし,うつむき気味に花をつける。花弁状に見えるのは萼片(がくへん)で,黄色みを帯び,基部の紫色がアクセントになっている。
2007.4.28 岡山県立森林公園 2007.4.28 岡山県立森林公園
黄色い葯(やく)に見えるのは,花弁が変化したもので蜜腺状になっている。雄しべは中央に多数有り,葯(やく)は白色,花糸は赤味を帯びている。
2012.4.29 岡山県立森林公園
県立森林公園では渓流沿いにボタンネコノメソウやコチャルメルソウなどとともに生育していた。
岡山県情報
岡山県内では北部に分布するが少ない。
県内のシロガネソウ属は,本種のほかにキバナサバノオ(岡山県RDB,絶滅危惧T類),トウゴクサバノオ(絶滅危惧U類)がある
(2)
メール(注)作者は専門家ではありません。あくまで趣味のページですので,まちがった情報もあるかもしれません。まちがいを発見された場合ご一報いただければ幸いです

 もどる ホーム


Copyright(C) 2003.9- Kanon All Rights Reserved.

inserted by FC2 system