キキョウ科ホタルブクロ属ホタルブクロ,学名:Campanula punctata,かのんの樹木図鑑
 もどる ホーム ←検索サイトから来られた方は,ホームへおいで下さい!

ホタルブクロ
キキョウ ホタルブクロ属                         多年草
学名 : Campanula punctata Lam.
( 蛍袋  ) 別名/ ホタルグサ,チョウチンバナ  
花 期 6〜7月
分 布 北海道,本州,四国,九州
生育地 山野や丘陵
参考図書
(1) 林弥栄監修,野に咲く花,山と溪谷社〈山溪ハンディ図鑑1〉,1989年,P115
(2) 佐竹義輔ほか編,日本の野生植物 草本V合弁花類,平凡社,1981年
(3) 岡山県編,岡山県野生生物目録2009,岡山県生活環境部自然環境課,2009年

2004.6.2  岡山市「護国神社」
2004.6.2  岡山市「護国神社」 2004.6.6  岡山県「自然保護センター」
ホタルブクロ
萼片(がくへん)の間に反り返る付属片がある。
ヤマホタルブクロ
萼片の間はやや盛り上がるのみ。
ヤマホタルブクロCampanula punctata Lam. var. hondoensis (Kitam.) Ohwi)は,ホタルブクロの変種で山地に多い。
ホタルカズラ(Lithospermum zollingeri)は,ムラサキ科の多年草。
名の由来
花の中にホタルを入れて遊んだと言う説と,花を提灯に見立てて,火垂(ホタル)の字をあてたという説がある。
岡山県情報
岡山県内全域に広く分布する。
メール(注)作者は専門家ではありません。あくまで趣味のページですので,まちがった情報もあるかもしれません。まちがいを発見された場合ご一報いただければ幸いです

 もどる ホーム


かのんの樹木図鑑 渓舟の昆虫図鑑

Copyright(C) 2003.9- Kanon All Rights Reserved.

inserted by FC2 system