サワヒヨドリ

キク科 フジバカマ属 
学名 : Eupatorium lindleyanum  
( 沢 鵯 ) 別名/−−
花 期  8〜10月
分 布 日本全土
生育地 山野の日当たりのよい湿地         
参考文献 山と渓谷社「山に咲く花」
参考文献 山と渓谷社「野に咲く花」


H15.9.7 岡山県佐伯町「自然保護センター」 H15.9.21 岡山県佐伯町「自然保護センター」
両性の筒状花(とうじょうか)が5〜6個ずつまとまって散房状(さんぼうじょう)に多数つく。
花の色は,白いものからやや紫がかったものまで個体差が大きい。
筒状花は花冠(かかん)の先端で浅く5裂し,中央から2裂した花柱が長くとびでる。

このあたりの特徴は,フジバカマ科に共通している場合が多く,同定の材料にはなりにくいと思う。
左からフジバカマ,ヒヨドリバナ,サワヒヨドリ。
サワヒヨドリの葉はかなり細いのが分かる。また,フジバカマは,2〜3裂する葉が多く混じるのが特徴だが,ヒヨドリバナやサワヒヨドリにも同様の葉がまったくないわけでもないようだ。
2005.10.9 岡山県「自然保護センター」
茎には縮れた毛が密生している場合もあるが,個体差が大きいようだ。ヒヨドリバナよりは,細く,引き締まった感じがする。葉は,ふつうこの写真のように細長いことが多い。
2005.10.16 岡山県「自然保護センター」
筒状花(とうじょうか)の先は短く5裂し,2裂した柱頭が,長く突き出ている。筒状花のまわりには冠毛(かんもう)が見える。
2005.10.30 岡山県「自然保護センター」 2005.10.30 岡山県「自然保護センター」
花期が終わり,わた毛をつけたたくさんの種子ができている。 種子は,フジバカマよりもひとまわり小さい。
→フジバカマ
→ヒヨドリバナ


(注)作者は専門家ではありません。あくまで趣味のページですので,まちがった情報もあるかもしれません。まちがいを発見された場合ご一報いただければ幸いです。

 


 

inserted by FC2 system