オオアレチノギク

キク科 ムカシヨモギ属 
学名 : Conyza sumatrensis (Retz.) Walker
( 大荒れ地野菊 ) 別名/−−
花 期  7〜10月
分 布 南アメリカ原産
生育地 山草地、里草地、海崖、砂浜、河原、畑
放棄水田、路傍、空き地、
参考文献 山と渓谷社「山に咲く花」
参考文献 山と渓谷社「野に咲く花」


2005.9.20 岡山県吉備中央町
茎には開出した軟毛(なんもう)が多く生え,類似種のヒメムカシヨモギに比べると白っぽく見える。ただ,毛の量にも個性はあるようだ。
葉は,ヒメムカシヨモギよりも柔らかく両面に短毛が生える。縁にも同様の毛があるが,ヒメムカシヨモギのように長くないのであまり目立たない。
2005.9.20 岡山県吉備中央町
頭花(とうか)を多数つける。ヒメムカシヨモギよりは,ひとまわり大きいが,舌状花(ぜつじょうか)は小さくほとんど目立たない。
→ヒメムカシヨモギ


(注)作者は専門家ではありません。あくまで趣味のページですので,まちがった情報もあるかもしれません。まちがいを発見された場合ご一報いただければ幸いです。

 


 

inserted by FC2 system