吉備中央町の野菊,かのんの樹木図鑑
 もどる ホーム ←検索サイトから来られた方は,ホームへおいで下さい!

吉備中央町の野菊

●キク科キク属
シマカンギク
 Chrysanthemum indicum
リュウノウギク
 Chrysanthemum makinoi
目撃頻度:★★
【特徴】
舌状花は黄色。吉備中央町では今のところ黄色舌状花の野菊は本種しか見かけていない。
目撃頻度:★
【特徴】
舌状花は白色。頭花の直径はシロヨメナよりも大きい。茎や葉を傷付けると龍脳の香りがする。
●キク科シオン属
シロヨメナ
 Aster ageratoides
シラヤマギク
 Aster scaber
目撃頻度:★★★★
【特徴】
舌状花は白色。リュウノウギクよりも頭花の直径が小さい。シラヤマギクに似るが,シラヤマギクは舌状花がまばらにつく。
目撃頻度:★★
【特徴】
舌状花は白色。シロヨメナに似るが本種は舌状花がまばらにつく。
ノコンギク
Aster ageratoides
オオユウガギク
Aster yomena var.angustifolius
目撃頻度:★★★★
【特徴】
舌状花は淡紫色。オオユウガギクに似るが頭花の直径がオオユウガギクよりも小さい。冠毛が長い。
目撃頻度:★★
【特徴】
舌状花は淡紫色。ノコンギクに似るが頭花の直径が概して大きい。冠毛が短い。
ヤマジノギク
Aster hispidus
目撃頻度:★
【特徴】
舌状花は淡紫色。総苞片は線形。冠毛は赤褐色で長い。
★目撃頻度は正確なデータに基づくものではなく,作者の日常的な観察による。
メール(注)作者は専門家ではありません。あくまで趣味のページですので,まちがった情報もあるかもしれません。まちがいを発見された場合ご一報いただければ幸いです。

 もどる ホーム


かのんの樹木図鑑 渓舟の昆虫図鑑

Copyright(C) 2003.9- Kanon All Rights Reserved.

inserted by FC2 system