コヤブタバコ

キク科 ヤブタバコ属                2年草 
学名 : Carpesium cernuum L.
( 小藪煙草 ) 別名/−−
花 期  7〜9月
分 布 日本全土
生育地 二次林、山草地、路傍
参考文献:山と渓谷社「野に咲く花」P59


H17.8.28 岡山県「自然保護センター」
枝先に頭花(とうか)を下向きにつける。同属のヤブタバコは、上部の葉腋(ようえき)に小さめの頭花を1個ずつつける。
2006.10.8 岡山県「自然保護センター」
中心部(写真上)に両性の筒状花(とうじょうか)、周辺部(写真下)に姿勢の筒状花がある。花柱は2裂する。
2006.9.2 岡山県吉備中央町 2006.9.2 岡山県吉備中央町
葉は互生(ごせい)し、縁には鋸歯(きょし)がある。両面に白い軟毛がある。基部はくさび形で、葉柄の翼(よく)に連続する。 茎には白い軟毛が密生している。
2006.10.8 岡山県「自然保護センター」
ドライフラワー状に形をとどめてそう果が実っていた。そう果は、4.5〜5.0o程度の円筒形、花柱の辺りから粘液を出しており、手でほぐすと、軽く付着した。キク科に多く見られるような冠毛(かんもう)はなく、この粘液で動物に付着して散布するようだ。
(注)作者は専門家ではありません。あくまで趣味のページですので,まちがった情報もあるかもしれません。まちがいを発見された場合ご一報いただければ幸いです。

 


inserted by FC2 system