ヒレアザミ

キク科 ヒレアザミ属         多年草 
学名 : Carduus crispus
( 鰭薊 ) 別名/−−
花 期  5〜7月
分 布 ユーラシア原産
※古い時代に大陸から帰化したと考えられている。
本州・四国・九州
生育地 道ばた,河原の土手,畑など
参考図書
 山と渓谷社「野に咲く花」P89
 全国農村教育協会「日本帰化植物写真図鑑P333


2006.5.30 岡山県高梁市有漢町
高さは70〜100センチにも達する。茎に2条の翼(よく)があるのが特徴。葉は互生し,羽状に裂ける。先端は刺状になっているが,触れてもそれほど痛くはない。
2006.5.30 岡山県高梁市有漢町 2006.5.30 岡山県高梁市有漢町
紅色の筒状花(とうじょうか)を枝先に数個つける。写真のものは花期が終わり,果期をむかえつつあるようだ。


 
(注)作者は専門家ではありません。あくまで趣味のページですので,まちがった情報もあるかもしれません。まちがいを発見された場合ご一報いただければ幸いです。

 


inserted by FC2 system