←検索サイトから来られた方は,ホームへおいで下さい!

アブラガヤ

カヤツリグサ科ホタルイ属               多年草
学名 : Scirpus wichurae
(油茅)別名/アイバソウ,エゾアブラガヤ,シデアブラガヤ
花 期 8〜10月
分 布 北海道・本州・四国・九州
生育地 山野の湿地
参考図書 山と渓谷社「山渓ハンディ図鑑1 野に咲く花」P484

2008.10.4 岡山県吉備中央町
秋には果実が熟し、鱗片が赤褐色になる。
2008.10.4 岡山県吉備中央町 2008.10.4 岡山県吉備中央町
高さは1〜1.5m。葉鞘(ようしょう)は茎をぴったりと包む。(※1)
2008.10.4 岡山県吉備中央町

●備 考●
  1. 名前の由来 
    “花序が油光りし、油くさいことによる”(※1)
 
(注)作者は専門家ではありません。あくまで趣味のページですので,まちがった情報もあるかもしれません。まちがいを発見された場合ご一報いただければ幸いです。

 


inserted by FC2 system