←検索サイトから来られた方は,ホームへおいで下さい!

イワウチワ

イワウメ科 イワウチワ属          多年草
学名 : Shortia uniflora var. kantoensis
(岩団扇) 別名/−−
花 期 4〜5月
分 布 本州(関東地方)※1
北海道、本州(青森−近畿)※2
生育地 岩地
参考図書
・山と渓谷社「山渓ハンディ図鑑2 山に咲く花」P183 ※1
・山と渓谷社「山渓名前図鑑 野草の名前 春」P29 ※2


2007.4.28 岡山県立森林公園
鮮やかな赤味を帯びた花茎が直立し、先端に淡い紅色の花を1個つける。
2007.4.28 岡山県立森林公園
花冠は漏斗状で、花弁は5個、雄しべも5個確認できる。(また、下部には5個の仮雄しべがあるということ)花弁の先端には鋸歯がある。萼片(がくへん)も花茎と同じように赤味を帯び3個ある。
2007.4.28 岡山県立森林公園
葉の基部は心形に切れ込む。
北陸から近畿地方のものは、葉が広楕円形、基部は円形またはくさび形となり、トクワカソウvar. orbicularisと呼ばれ、区別しにくいものもある。(引用:※1)


 
(注)作者は専門家ではありません。あくまで趣味のページですので,まちがった情報もあるかもしれません。まちがいを発見された場合ご一報いただければ幸いです。

 


inserted by FC2 system