イネ科ジュズダマ属ジュズダマ(数珠玉),学名:Coix lacryma-jobi,かのんの樹木図鑑
 もどる ホーム ←検索サイトから来られた方は,ホームへおいで下さい!

ジュズダマ

イネ科 ジュズダマ属                多年草
学名 : Coix lacryma-jobi  (数珠玉)
別 名 / トウムギ(唐麦),ツシダマ(都之太末)
英 名 / Job's tears(ヨブの涙) 
花 期 9〜11月
分 布 熱帯アジア原産(史前帰化)
生育地 水辺の土手,湿った草地
参考図書
(1) 山と渓谷社「山渓ハンディ図鑑1 野に咲く花」P598
(2) 日本実業出版社「植物の雑学事典」大場秀章,2001

2010.11.20 岡山県落合町
高さは約1m。
2010.11.20 岡山県落合町
穂の先端に雄小穂群がつき,穂の基部に雌花がつく。苞鞘(ほうしょう)は,葉鞘(ようしょう)が硬く変化したもので,熟すと黒褐色から灰白色になる。雌花はこの苞鞘の中にあり,柱頭のみを外に出して受粉する。果実は苞鞘の中で成熟し,苞鞘ごと脱落する。
岡山県加賀郡吉備中央町
見どころ
ハトムギ(C. lacryma-jobi var. ma-yuen)は,本種の栽培種である。全体がやや大型であり,花序がやや垂れ,苞鞘がそれほど固くならない。
名の由来
苞鞘に糸を通し,数珠にしたことによる。
岡山県情報
メール(注)作者は専門家ではありません。あくまで趣味のページですので,まちがった情報もあるかもしれません。
まちがいを発見された場合ご一報いただければ幸いです。

 もどる ホーム


Copyright(C) 2003.9- Kanon All Rights Reserved.

inserted by FC2 system