←検索サイトから来られた方は,ホームへおいで下さい!

ビッチュウフウロ

フウロソウ科 フウロソウ属 
学名 : Geranium yoshinoi Makino  
( 備中風露 ) 別名/ キビフウロ(吉備風露)
花 期  7〜9月 ※1 
分 布 備中地方を中心に,広島,岐阜,島根県など
各所に点在するらしい。
生育地 湿地
参考文献
 山と渓谷社「野に咲く花」
 パンフレット「鯉が窪の湿原」 ※1


2006.8.24 岡山県「鯉が窪湿原」
幸い間近で見ることができたビッチュウフウロ。比較的,馴染みのある同属のゲンノショウコに似ているが,こちらは岡山版RDBで「留意種」に指定される希少な種である。「岡山県野生生物目録2003年度版」によれば,フウロソウ属は帰化植物とゲンノショウコをのぞくすべてが,留意種または危急種に指定されているのに驚く。
2006.8.24 岡山県「鯉が窪湿原」
雄しべが10個,中央に柱頭が確認できる。左写真では柱頭はまだ開いていないが,右写真では5裂しているのが分かる。こちらは花弁や雄しべはすでに脱落している。
花弁は,5個あり,濃い紫のラインが蜜標(昆虫への蜜の目印)として機能している。
2006.8.24 岡山県「鯉が窪湿原」 2006.8.24 岡山県「鯉が窪湿原」
葉は,5深裂し,裂片の先端でさらに,3裂している。(参考:パンフレット「鯉が窪湿原」) こちらはつぼみと思われる。
 
(注)作者は専門家ではありません。あくまで趣味のページですので,まちがった情報もあるかもしれません。まちがいを発見された場合ご一報いただければ幸いです。

 


inserted by FC2 system